古書の街、千代田区神田の古瀬戸珈琲店は読書に最適!

いわずと知れたブック・タウン、神保町。
東京都千代田区神田の古書街には、その数150軒以上と言われる書店がひしめき、明治大学、日本大学などの学術関係の施設や、大手出版社や印刷所なども密集。

そんな“東京のカルティエ・ラタン”として、全国の本好きを魅了し続ける神保町で、本散策の帰りがけに立ち寄れるカフェの銘店、古瀬戸珈琲店。
古瀬戸珈琲店は、1980年の創業以来、多くの読書人に愛され続けています。

JR御茶ノ水駅、徒歩8分。
御茶ノ水橋口改札を出て、正面の横断歩道を渡ります。

楽器店が軒を連ねる緩やかな坂道を下り、山の上ホテルや明治大学を過ぎてしばらく行くと、小さな古本屋さんがあります。
古瀬戸珈琲店は、その隣にある階段を昇ります。

深い焦げ茶色を基調としたシックな古瀬戸珈琲店の店内には、可愛らしい動物をモチーフとした作家モノの陶器がさりげなく飾られ、その落ち着いた雰囲気はまるで美術館のよう。
黙々と珈琲を淹れている静かなマスター。

自然体かつ丁寧な店員さんの接客もくつろげる。
カウンターの背後には、美しいカップずらりと並びます。
運よくカウンターに座れれば、好みのカップを選ばせてくれちゃいます!

古瀬戸珈琲店の良質な座り心地の4名卓は、友達とのおしゃべりや商談にぴったり。
大ぶりのお花や季節の植物が生けられた大テーブルは、通りに面した大きな窓から燦々と光が差し込みます。

古瀬戸珈琲店は、静かなクラシック・バロック音楽がかかり、音量も適切に随時コントロールされていて快適。
小脇に本を携えたお客さんばかりなので、満席でも一定の静けさが保たれており、ホッと一息つくには最高です。

ぜひぜひ古瀬戸珈琲店オススメのメニューは、シュークリーム!
その都度、トースターで温め直してくれる香ばしいバターの香りにうっとり。
シューの上部をカットしてあるので食べやすくしてくれるのもグッド。

カリッとしてシュクッっとしたシュー生地の魅惑的な食感に、卵の風味がしっかり感じられるカスタードのコク。
アツアツの皮とクリームの冷たさ、その絶妙なコントラストもおいしい!

洋ナシや杏子といった定番のタルト、シフォンケーキのほか、片手でつつまめるプティ・フールも読書やお喋りのお供にぴったり。
昔懐かしいホットサンドやジューシーなクロックムッシュも美味。
古瀬戸珈琲店は、ブレンドをひとつ取っても、喫茶店激戦区の神田・神保町地区にあっては破格の525円。

オーダー時に苦みのブレンドが良いか、酸味のブレンドがよいかチョイスできるのも嬉しい。
モカ、ブラジル、マンデリンなどのストレートはもちろん、抹茶オーレなどのアレンジメニューも充実。

営業時間は朝10時から夜の22時まで(日曜・祝日は21時まで)。
遅い時間までオープンしているので飲み会の帰りにさっと立ち寄って珈琲を飲んで帰宅、という使い方もおすすめです。

店名:古瀬戸珈琲店
住所:東京都千代田区神田小川町3-10
電話:03-3233-0673

wpmaster