生前贈与で相続税対策できる基礎控除の金額は?

生前贈与は相続税対策として行われる場合もあり、いろいろと考えて実行している人もいると思うのですが、生前贈与自体も税金がかかる場合があります。

その1つのケースとしては年間で110万円を超えた場合です。
年間で110万円を超える生前贈与というのは、そんなにあるものではないかと思います。

生前贈与は相続税対策として行われる場合もあり、いろいろと考えて実行している人もいると思うのですが、生前贈与自体も税金がかかる場合があります。

その1つのケースとしては年間で110万円を超えた場合です。
年間で110万円を超える生前贈与というのは、そんなにあるものではないかと思います。

しかし、相続税対策として行われる場合にはそれくらいの金額になることもあるかもしれません。
そういったときには税金を払わないためには年間110万円までに収めておいてほしいと思うのです。

参考:相続税 基礎控除

相続税の対策として年間で110万円以上の生前贈与が行われると、これは基礎控除を超えてしまうことになります。
そうなると、その分の税金を納めないといけないことになるのです。

基礎控除が110万円まであるので、基礎控除の範囲内の金額ならば全部控除されてしまうため、税金がかかる元になる金額がなくなり、非課税ということになります。

年間110万円を超えると、確定申告をしないといけないため、税金を払うということに加えて、そのための手間もかかることになります。

そういった部分の問題もあるため、生前贈与を行うときには、税金がかからない、110万円以内にしておくのが良いのではないか?ということになるのです。

wpmaster