東京新橋にある活魚料理といえば「ととや」が一番。

新橋駅前にあるととやはお昼のランチは1,000円でボリュームのあるものを食べることができます。
おすすめは、銀鱈の西京焼きです。

新橋は築地にも近いいちにあることから、新鮮なお魚をリーズナブルな価格で提供をするお店が多いことで有名なのですが、このととやで提供される西京焼きを一度食べてみると、他のお店では食べることができないくらいの、味わいを楽しむことができます。
そして、定食の付け合わせで出てくる茶碗蒸しと、煮付けの味も大変美味しいです。

さらに、ご飯も大盛りにすることもできます。
ただ、このととやは新橋界隈では大変人気のあるお店といえます。

それを物語る光景について少しお話しますと、お店はビルの4Fなのですが、お昼の12時を過ぎにビルの4Fでエレベーターを降りると、たくさんのサラリーマンやOLで行列ができ、お店をあふれて3Fにつながる階段まで行列が連なっていることがあります。
場合によっては、20分から30分待ちはザラではありますが、この店に並ぶ価値はあります。

ととや店内はカウンターと、奥に座敷があります。
座敷はお昼時間帯には相席になる可能性がありますが、この混み具合を考えると仕方ありません。
新橋に来たら一度でも訪れたいお店です。

店名:活魚料理ととや
住所:東京都港区新橋2-19-6 新和ビル4F
電話:03-3571-0118

wpmaster

糟屋郡志免町、こってりラーメン「博多金龍 志免店」。

博多金龍ラーメンはチェーン店が何件もありますが中でも、私がいつも注文するのはオーソドックスな普通の豚骨ラーメンです。
博多金龍ラーメンの特徴は生のニンニクを皮をむいた状態で置いていることです。
ニンニクをすり潰す器具がおいてあり、ラーメンにはこのニンニクを絶対に多めにかけます。
豚骨ラーメンのスープと麺が混ざり合って絶妙の味になります。

食べてみると、博多金龍のこってりとしたスープにニンニクが絡み合い又は馴染んで豚骨スープの味を引き立てます。
麺の方さは選べますので好き好きはありますが私の場合は、固麺を頼んでいます。
そしてすり潰しのゴマをたくさんかけて紅生姜を多めに入れるのも美味しく食べるコツだと思います。

この博多金龍 志免店は、替え玉ができます。
ニンニクを十分に入れたスープですからから、替え玉も一杯目と同じように美味しくいただけます。
値段はラーメン一杯が400円ですか手ごろな価格だと感じます。
私は平均で2回替え玉をします。
これでお腹いっぱいになります。

価格帯も安いし非常に美味しいので、ちょくちょく博多金龍 志免店に顔を出しています。
これからもニンニクたっぷりのラーメンを堪能したいと思っています。

店名:博多金龍 志免店
住所:福岡県糟屋郡志免町志免中央1-7-24
電話:092-937-1329

wpmaster

大阪市北区、梅田の夜景を見るなら「鶴橋風月 阪急32番街店」。

大阪の夜景はとても綺麗です。
大阪といえば粉もの!
その粉ものを綺麗な夜景を見ながら食べられるお店が『鶴橋風月 阪急32番街店』です。
29階にあるので、しっかりと大阪の夜景が見渡せます。

鶴橋風月に入ると元気なスタッフさんが席まで案内してくれます。
平日など比較的すいている時間帯であれば窓側に案内してくれることが多いですが、窓側でないと夜景はみられません。
予約制ではないので早めに鶴橋風月に行くことをおすすめします。

メニューは、一品料理もありますがやはりここにきたらお好み焼きと焼きそばをおすすめします。
一人出なければそれぞれ一つずつ注文してシェアすると良いと思います。

値段は1枚で約1200-1500円ほどで、ボリュームはたっぷりあります。
お好み焼きは、鶴橋風月のスタッフさんが目の前で焼いてくれるので綺麗なまま食べることが出来ます。

お好み焼きはソースがとても美味しいですし、焼きそばは麺がもちもちしていてどんだけでも食べられます。
鉄板の上にのっているのでいつ食べてもあつあつで大満足です。
ただ、置き過ぎると焦げてしまうので、時々気にかけてあげると良いと思います。

店名:鶴橋風月 阪急32番街店
住所:大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル29F
電話:050-3464-2738

wpmaster